国民のための税理士制度・・・
私たち青年税理士はその確立をめざしています。

税理士制度が真に国民のための制度として発展するためには、
税理士が納税者の代理人として
租税に関する国民の権利を擁護するという使命を明確にしなければなりません。

この使命を全うするために、税理士は税の専門家として
税務官公庁からの法的束縛を受けない真の独立性が必要とされます。
そのためにも、私たちはお互いに研鑚を図り、親睦を深めつつ、
税制、税務行政の改善と税理士制度の発展を通じて社会に貢献できるよう
あらゆる活動に若き情熱をもって推進しています。

<全青税の成り立ち>
昭和42年7月、浜松・弁天島にて東京青税、大阪合同青税、名古屋青税、横浜と東海地区の代表と有志が世話人として相寄り「税理士制度の将来を純粋な精神で考えるのは他にない」という強い自覚と信念を確かめ合い、夜を徹して語り「税理士制度の発展強化」を目的に全国の青年税理士の巨大なエネルギーと良識をここに結集することを誓ったのです。

昭和42年10月、東京、大阪、名古屋の各青税連を母体として、税理士制度の発展強化、会員相互の研修親睦・連絡提携と資料交換を目的として「全国青年税理士連盟」が誕生しました。

【ご質問・お問い合わせはこちらまで】
全国青年税理士連盟事務局
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-21-8
代々木第10下田ビル7F
phone:03-3354-4162 zensei@khaki.plala.or.jp
※2017年2月 事務所住所が変わりました
入会申込書
全青税に入会希望の方は、上記申込書にご記入の上
FAXまたはメールにてお申し込み下さい。