全青税2大イベントのひとつ、秋季シンポジウムが開催されました。
>> シンポジウム概要はこちら


今年の秋季シンポジウムは
埼玉県川口市にて開催されました。
会場の「市民ホール フレンディア」。
ホスト役の埼玉青税スタッフ。 そろいのオレンジジャンパーで。
受付も準備完了。 司会は埼玉青税会員のこのお二人。
まずは鈴木実行委員長より挨拶。
今年のテーマは
「税制におけるunfairについて」です。
続いて片山会長より挨拶。
さあいよいよ始まります。
まずは東京青年税理士連盟
「所得の種類によるunfair〜関東編〜」
サラリーマン、事業者、資産家に
分かれたパネラー
それぞれに言い分があり…、 あちらを立てればこちらが立たず…、
真の公平とは何かを問います。
身を乗り出して聞き入っていました。 続いて神奈川青年税理士クラブ
「法人税の宗教法人課税におけるunfair」
なんと、「千の風になって」の替え歌が!!
怪しい宗教家が…。
一般社団法人、宗教法人に
分かれて言い合い…。
最後は再びみんなで熱唱!
まるく収まったのかな?
続いて名古屋青年税理士連盟
「相続・贈与におけるunfair」
こちらも替え歌を熱唱!
5曲オンパレード! 「天城越え」の替え歌で「34条怖えぇ」
連帯納〜付〜 怖えぇぇぇ〜!
名古屋全員オンステージで熱唱!熱唱! シンポジウムといえば生真面目な雰囲気に
なりがちですが、こんな賑やかな光景は
青税ならではですね!