今年度の集大成!全青税の第44回全国大会(定時総会)が行われました。
まずは、受付や会場の様子〜講演会の様子をご紹介します。


今年の全国大会の会場は、ANAクラウンプラザホテル神戸です。
透けるような青空がまぶしいです。
メイン会場には、全青税旗だけでなく、各単位青税旗も高らかに掲げられます。
震災復興への祈りも込めて… さあ、会場の受付も始まります!
今年は近畿青税会員が担当。1年間準備を進めてきました。
各地域ごとの受付。
義援金募集箱も設置! 近畿青税の先輩会員方も総動員です。
櫻井実行委員長と会長が開始前の最終チェックを行います。さあ、そろそろ開始です!
まずは基調講演会。テーマは「税務訴訟における税理士が果たすべき役割」。
講師である税理士の江崎鶴男先生は、
長崎年金二重課税訴訟の原告補佐人として奮闘された方です。
信念をもって訴訟に臨まれた体験、
そこから見えてきた所得税と相続税の本質等について、熱く語っていただきました。
三木教授による解説も、皆聴き入っていました。