5月12日〜13日、仙台理事会と被災地視察が行われました。

まずは仙台駅から、
被災地の視察も兼ねてバスで移動。
仙台空港まで関西組を迎えに行きます。
みちのく青税原先生が、バスのチャーターと
ガイドもしてくださいました。
途中、仙台市内で最も津波被害の大きかった
若林区を通過しました。
塩害により放置状態の田畑。
ガソリンスタンドもこの通り。
閖上中学校も廃墟のまま・・・ 新興住宅街だった名取市近辺。
もはや基礎部分だけでした。
海側からの光景。津波はここより内陸へ
3キロ以上も押し寄せたのです。
仙台空港は復旧しても、
周辺はやはりこの通り。
市木会長と坂本総務部長。 関西空路組が合流しました。
熊本青税高濱先生も到着。
原先生と久しぶりのご対面。
午後からの理事会会場へ向かいます。
会場となる松島新富亭ホテルへ到着。  
松島湾の光景。島々が防波堤になり、
ここには津波が押し寄せなかったそうです。
まずは昼食をいただきます。
昼食後、理事会開始です。
まずは会長あいさつ。
各単位青税報告。
高濱先生より熊本青税の現況を。
原先生より、みちのく青税会員の
被災状況等の報告が。
国税通則法改正に関する
要望書などを審議中。
会場直接合流の会員もいました。 活発な議論がなされ・・・
すべての審議事項が承認可決されました。
夜の懇親会には、みちのく青税
三浦先生も駆けつけてくださいました。
みちのく仙台へようこそ!
海の幸が豊富な夕食!
お酒もすすみます。  
  なんと!ここで三浦先生
ギター持ち込みでソロ演奏を披露!
「禁じられた遊び」ほか3、4曲ご披露。
お見事でございます!
大盛況のうちに終宴しました。